ザイロリックという痛風予防薬の知識
痛風になる前にザイロリックを知る   >   痛風発作を防ぐザイロリック

痛風発作を防ぐザイロリック

ザイロリックで痛風発作を回避する

ザイロリックは尿酸値を下げることで、痛風を予防してくれる薬です。それは、つまり痛風発作を未然に防いでくれることも意味します。

痛風発作とは、関節内にたまった尿酸結晶を白血球が攻撃することで、結晶の周囲を傷つけながら尿酸が溶け出して起こる激しい痛みや腫れです。

ザイロリックは痛風治療薬と言われることもあるので、痛みがあるまま服用しようとする人もいますが、それは間違いです。尿酸値を下げる働きをしていますが、鎮痛作用はありません。

また、尿酸値を下げることで尿酸結晶を溶かす作用があるので、痛風発作が起きている時に服用するのは逆効果になってしまいます。

その為、鎮痛剤などを服用して様子をみた後、痛みが無くなってからザイロリックを服用しましょう。

痛みが無くなってしまえば、尿酸結晶が溶け出しても痛みは出ないので安心です。そして、結晶をなくすことが出来れば、痛風発作を起こす可能性は低くなります。

ただ尿酸結晶ができた、ということは高尿酸の状態であることに変わりは無いので、生活習慣などを見直す必要があります。

そしてその長期的な尿酸値の低下をサポートしてくれるのが、ザイロリックなのです。尿酸値を下げることができれば、痛風は起こらなくなります。

一度痛風発作になったことがある人は、これまでの生活が原因と考えられるので痛みが無くなって一時的に生活習慣も直したといって元の生活に戻ったらまたすぐに痛風発作を引き起こす可能性があります。

そんなことにならない為にも、尿酸値の上昇を抑制することで痛風発作を防ぐザイロリックは痛風予防薬として知っておいてほしい薬です。

痛風になってからではなく、飲酒する機会が増えたりしたときにはザイロリックを備えておくとより安心です。

Copyright(c) 2017 痛風になる前にザイロリックを知る All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com