ザイロリックという痛風予防薬の知識
痛風になる前にザイロリックを知る   >   発作時にザイロリックはダメ

発作時にザイロリックはダメ

痛風発作時に尿酸値を下げる薬を飲むことを禁止する医師

ザイロリックは、尿酸値を下げる薬ということで知っている人もいるでしょう。

そして、痛風の原因は尿酸値が高くなりすぎている事だと思って、慌てて尿酸値を下げようとする人もいるはずです。

しかし、ザイロリック等の薬を利用して、尿酸値を下げることは痛風発作が起きている時に決しておこなってはいけません。激しい痛みを増幅させることにつながってしまうからです。

確かに、高尿酸値が原因で尿酸が結晶化しやすくなっている事が原因と言えます。しかし、痛みを引き起こすのは、結晶が異物だと判断されて白血球に攻撃されている時なのです。

痛みが出て、腫れあがっている時には既に神経や血管が傷ついていることを意味しているので、応急処置であるrice処置(安静・冷やす・圧迫・挙上)以外のことは控えましょう。

ザイロリックは、尿酸値を下げることで結晶化したものを溶かす働きを起こします。実は、痛風発作を起こしているとき、白血球の攻撃によって尿酸結晶は溶かされています。

つまり、痛風発作が起こっている時にザイロリックを服用するとさらに尿酸結晶が溶け出すので、痛みを悪化させてしまう危険性が高くなります。

その為、激しい痛みを起こしている場合は鎮痛剤の服用と安静に留まり、痛みが緩和してから尿酸値を下げる為にザイロリックの服用をするようにしましょう。

飲酒やレバー類・魚介類の過剰摂取はもちろん、激しい運動も控えることをおすすめします。

痛風は別名、贅沢病ともいわれていて生活習慣病を併発する人も多くいます。尿酸値が高い時点で生活習慣の見直しが必要なので、ザイロリックに頼ることだけではいけません。

ただ、生活習慣を変えるだけでは少しのきっかけで、また痛風発作を引き起こす可能性もあります。

それを避ける為にも、ザイロリックのサポートを借りて痛風予防をしながら、尿酸値を下げることが大切なのです。

Copyright(c) 2017 痛風になる前にザイロリックを知る All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com